koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

早咲きのサクラ

今日のyamakazeさん 青白いサクラ 日が昇り 朝日をあびれば 生き生きと輝くかと 待って見たが 白く 白く 芯まで白く 薄緑色の葉っぱが既に出ていますね~ こんなに早咲きのさくらは 珍しいです 早咲きで世に知れた熊野サクラと共に咲いているのを 見っけ! …

<熊野さくら>開花宣言で~す

今日のyamakazeさん サクランボになるサクラ花 このところの季節外れの暖かさで咲いたものの・・まだ2月末 なんと気が早い (゚Д゚) この分では 山桜に先駆けて咲くという新種の<クマノサクラ>が咲いているかと 散歩のついでに思い当たる場所を探し歩いてみた…

杉花粉 飛んでる?

今日のyamakazeさん このところ杉花粉が舞っています 花粉予報でも微量ながら舞っているので要注意とのこと 杉の枝先が1月頃から 徐々に茶色に発色し始めていることを知っていました 今日あたりは かなりのオレンジ・・・色 まだ目は痒くないけれど憂鬱な季…

バレンタインチョコ

今日のyamakazeさん ブルーベリーの葉・・・寒い畑でガンバル バレンタインチョコ かつては 夫や息子や地域の先輩のおじいへ そこそこ頑張ってチョコ等送ってみたことあったけど いつだって辞めていいくらいの うっすい気持ちで送ったりしていたせいか・・・…

巣ごもりと消費電力

今日のyamakazeさん 年齢のせいか 我家では年々歳々冬場の電気代が嵩む傾向にあります 暖かな室内で夫婦が静かに暮らしていくには それくらいの出費は許せる範囲かとは思うが 電力が不足気味~~ 自助ですよ~ 自粛ですよ~~ 一般家庭の電力さえも小まめに…

災害時に備えた電池

今日のyamakazeさん 先日からやたらと大人買い・・・に見える大量買いの商品が届きます パソコン・プリンター・スマホにアイパット・諸々家中の家電 生活の全ての利便性を電気から得るとなると 家中のコンセントを配線タップで増し 増しで 見れば かなりのた…

伊勢海老よりかナ・マ・コ

今日のyamakazeさん いつもの散歩道・・・人に出会うこともなく・・・静謐 毎年の事ですが(そういえば毎年似たようなこと投稿している) 漁師さんから 伊勢海老が届く 大人の腕位もある エビ5~6匹 伊勢海老といえば 高価で珍しいものの代名詞でありましょ…

イ・チ・ゴの植替え

今日のyamakazeさん 12月21日 吹雪に見舞われている北国からの便りに テレビ見てるだけでも 寒い~~と凍り付いている私 温暖な和歌山といえど 折からの寒波が運んだ半端ない風 背後の山からビュウーと吹き下ろして来るのを 全身で受けながら (ホンにアホの…

初氷

今日のyamakazeさん ふるさと納税の謝礼品 金魚鉢に初氷が張っていました・・・上から覗いていたら 餌を求めて プワ~ンと浮き上がってきた金魚 天井に張った氷につっかえて驚いている 冷たいネ~~

上出来の薩摩芋

今日のyamakazeさん 私の小さな菜園は面積にして 約300坪 10年来 借りております 心楽しく体力に任せて耕作していたものの ついに止めることになる<私76歳>・・・これは?いわば 体力の限界というものでしょうか? どうでもなんでも良く収穫できたので 植…

釣瓶落としの秋の日

今日のyamakazeさん 庭の蜜柑が日に日に熟して 色づいて行きます 早く 早く 遅いよ~と 内心は急がれている・・・フフフッ 青く小さく コンと音がするピンポン玉のような蜜柑を目にしていると あ~あ・・・いつの事熟するのか??と行く先の遠さに苛立ったも…

去り際にタヌキが感謝?

日のyamakazeさん そんな事ある訳ないジャん と言うのへ 本当だよ~~と宣う 夫 何かと言えば 罠で獲らまえた タヌキのこと 2度とこの地へ帰って来るなと 遠くで放った子さなタヌキ 箱罠から出て少しばかり行った先で 振り返る 振り向きまに こちらの顔を見…

季節を忘れない花

今日のyamakazeさん 主が住まなくなって久しい 空き家 驚いたことに 秋になって花が咲いた 閑散とした空き家の姿など 寂しくて見たくもなく 目を背けて通り過ぎていたのに 夏を過ぎたあたりから少しづつ活気づいて 何事??か? 見過ごしていた生垣の一部が…

タヌキが2匹

今日のyamakazeさん この1週間の内に 夫の仕掛けた罠に 嵌った奴がいる タヌキ・・・しかも 連日2匹 第一夜は 子と思われる小さめのヤツ コイツは いくら何でも人身をたぶらかす小細工は出来なさそうで わが身の上に何事がおきたのかも知らねぬげに 幼顔を向…

時は後ろに流れはしない

今日のyamakazeさん 我が夫の言うことに 服を買いなさいヨ センスの良い 気が利いた服を 買いなさいよ・・・と このところ 切実な訴えをというかわざわざ忠告 してくれる 何~でやねん 私 いつだって ちゃんとしてる・ツ・モ・リだよ 思う存分 遠慮もせんと …

葛の花

今日のyamakazeさん 秋 秋の花・・・葛 男郎花(オトコエシ)・・・紅葉には未だ早いが 秋の気配が濃くなって 冷え込む朝の肌寒さはそぞろモノ思うことになり 特に年毎に高齢化していく自分を自覚する いけない事だが そう思う 去年秋より落ち込んでいる・・…

ネットで国勢調査

今日のyamakazeさん 秋ナス・・・小ぶりのナスがこれでもかと次々に成り進む・・・チョット嬉しい(^^♪ 国勢調査を ネットで済ました 前回からネット調査は行われていたらしいが なんせ 田舎の事 調査員が対応できないとなれば 何事も無いに等しいと読まれた…

忘れられた・お土産

今日のyamakazeさん 熟したゴーヤ(苦瓜) GoToキャンペーンをネットで申し込むとお土産付きです ・の 魅力に引かれて旅行する 有るホテルでの清算 当然頂けるはずのお土産が 多分 彼方のうっかりでしょうが 頂けなかった 帰路 我家に帰り着く寸前 近くまで…

今夜はうさこ

今日のyamakazeさん 日々 5,6個 熟する イチジク・・・ 家の周り 四方八方に巡らした 防犯カメラ 警戒音が夜中なり響きます え~~今夜は ナニッ どうせ親子連れの鹿でしょ・・・ やはり気になるし 朦朧と目をこすりながらも 起き上がって カーテンの隙間か…

Go~toキャンペーン

今日のyamakazeさん 使ってみた go~toキャンペ~ン 和歌山の場合 リフレッシュキャンペーンという名のもとに 使える地域振興券をプラス 地域振興キャンペーンも含めて ~最大限 使ってみました 10号台風は 和歌山には来ないっつ~~のよ とかなんとか拗ねま…

ルンバとブラーバのコンビ

今日のyamakazeさん お掃除ロボット ルンバとブラーバの 兄弟セット ロボットなどと簡単に呼びつけに出来ない位 大切なパートナー・・・と言ったところです セッセ セッセとプロミラグングに従い 一言の不平をいわず コツコツ シコシコ ひたすらお掃除に励み…

敬老祝い金

今日のyamakazeさん まあ 一般には 目出度い事なんでしょうが 真から喜んでいいのか 迷ってしまいました 町からの敬老の祝い金を頂きました・・・ それは・・・ ぞんざいなことに 郵便受けに放りこんであった 夫と二人分 1000円づつ 放り込む 放り込む そん…

躍る・マクワウリ

今日のyamakazeさん ヒンヤリ 冷たい水です 畑から収穫してきたキューリやナス・トマト・マクワウリ ここへ放り込んでおく 野菜達は 清らな流れの中でクルクル回り 尽きることなく踊りながら ヒ~ンヤリ冷やされ キリっと引き締まり 一層元気になる 一連のク…

お庭番 大丈夫?

今日のyamakazeさん アナタ お庭番をお願いしますネ 実は 私がやりたい庭への散水をお任せした フンフン・・・ やる気になっております さあ 夜明け ナンダッという時間帯 明けるとともに ジャンじゃか ジャンじゃか始まりました 陽が昇れば なんたって危険…

お庭番を・・・

今日のyamakazeさん 立秋を過ぎても 猛暑が続きます 庭の植え込みの キウィ 蜜柑の木が 熱暑に耐えきれなくなり 水を欲しがって ゲ~ンナリ 水ッ 水ッ 水ッと 悲鳴を上げているのが聞こえます 朝一番 樹木たちに水をやらねばと・・・散水を始める 飛沫が激し…

サクサクのマクワウリ

今日のyamakazeさん < マクワウリ > 今年は大収穫・・・だが よそ様に持っていこうにも 美味しいですよ などとの特別の言葉は付けられない ・・・なんたってマクワウリ 特徴ね~ キュウリよりか増しな <歯ざわりとウ~ッスイ甘味> ( ̄∇ ̄;) こんなんでも…

ペルセウス流星群

今日のyamakazeさん フッと目覚めた 夜半過ぎ それは・・・ 丑三つ時 泣く子も黙る 幽霊も眠るかという いわゆる丑の刻のことで御座います (:お江戸の時刻表と比較すれば 午前2~3時のこと) そうだ 今夜は ペルセウス流星群を見る日だったのだ 脇で眠る夫…

私のメロンや・で・・・

今日のyamakazeさん よ~くよく冷えた マスクメロンを二つに割って ブランデーを と言いたいところ ここは 少し加減して <焼酎> 私的には結構イケルと思うのですが? 如何でしょう なみなみと溢れる迄注ぐのは 焼酎(黒霧の25度) いっても たかが 5、60ミ…

カラス何故なくの

今日のyamakazeさん お寺の裏山で生まれたカラスの子 それはそれは 終日賑やかに鳴き交わしていたが 巣立ちしたのか 以来母カラスの後をついて廻る 3羽の子カラス 餌が欲しいと 餌探しの母ガラスが移動すると共に 賑やかな鳴き声が地区中を連れまわる 上の山…

サザエ飯

今日のyamakazeさん 大きすぎて 大きすぎて・・・どうすりゃいいのサ 頂きものの<サザエ> 目にした瞬間 コレはっ?と絶句する 巨大すぎる<サザエ> どうしたものか・・・ 思案もやがての事 なんだこんなもの やっつけてやるゾと 取敢えず 大きすぎのサザ…