koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

軽めの花友

 
春を迎えて準備万端抜かりなく
 今や特別の作業はな〜んもないけど
 一日一度は花一番地のご機嫌を観に参ります
今日なんか春を思わせる良いお天気ですから
日溜まりに座り込む・・・草を引く
・・・時間を忘れる・・・汗ばむ
没頭して良い時間を過ごします
通る人は皆 御苦労様です
      大変ですねと声を掛ける
好きなことをやっているのですから
私の楽しい遊びの時間ですよ ナンテ・・

 安威川では初めて見かける
珍しい鳥は オオバン 
30年来の此の河で初めてのことです
淀川から来たのでしょう 


花壇を訪れる人の問いに振り返りもせず適当な返事を繰り返す 
ふと見れば
おやっ珍しくも初顔のお人かな?
向こうが主に語り自己紹介される  
似たような年齢や等と互いに観察すること数分
・・・まあまあ今後もよろしくね・・・
何? 庭梅が珍しい・・・分けてあげよか?・・・
こんな風に花一番地を仲立ちに友が増えます
又ねの約束は期待し過ぎない程度の軽い約束です
相手次第の風が吹きます
・・・又いらっしゃいね

せっかくの雪囲いも今年は雪が降りませんでした
今後 急激な寒波でも来ない限り不要品
目障りになってきたのでそろそろ処分時です
囲いの中の陽だまりでは雑草がヌクヌク激ぶとりしています

    < 雪囲い 息つく草の青さかな >