koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

ほんまは良い人やってん


   < 今日の花 梅・・・仄かにピンク >
花壇仲間に入りたいとの応募者現われる
若い方やしできれば仲間に入って欲しいけど
 はて 今時分どこぞ空地があったかしら・・・
  そや あのおじさんに紹介してみましょう
   花仲間に入ってもらうには いつなんどき体調を崩す高齢者より
    若い方の方が イイッカナ〜
     平均年齢もグンと下がるし なんて
  ・・・花仲間は増えた方が良い・・・
・・

手つかずの荒地を起しながら
 自分で耕作する気はないが河川敷の余りの汚さに
  掃除がてら整地してるんだといっていた
   ・・・あの場所を少し分けてもらえれば上々だと
    希望者を同道で小父さんを尋ねたら 何となんと? 
     大変な労働で整地した畑を分けてくださるそうな 
      即座にOKでございました
       小父さんはほんまにいい人やってん 

そもそもこの人との出会いといえば
絶対に印象よくなかったと覚えてる 
朝夕挨拶しても何度挨拶しても
返事無し・・・ジロリッと見返すだけ 
見返されるのはまだいい方で知らんふりが多かった
おっさん耳が遠いんかと舌うちしつつ
花一番地さんはめげないでよくよく頑張りました 
オハヨウ御座いますの繰り返し・・・頑張ったのよ
最近は快く挨拶もお喋りもするようになり 
 やっとコミニュケーションが取れるようになっていたのです
  そういえば偶然やけど昨日の散歩の帰り道
   小父さんにプレゼント渡していたんよ
    バレンタインじゃ。な。い。よ
    頂き物のチョコレートをおすそ分けしたのです
     畑の交渉に功を奏したんかな?
      ・・・チョコが・・・