koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

花に恨みはなけれども


   < 今日の花 カイドウ・海棠 >
エエ〜〜・・・ン・・・ナニッ・・・中国産 ?
 何度確かめても購入時のタグに小さく書てある
  今更ね〜 中国産と知っても鍋や鎌じゃあるまいに
   返品も取り換えも出来やしない
こうなりゃ花が咲いた時点で気に入らなけりゃ
掘り返して切り刻み捨ててやろうぞ・・・海棠さん
花に恨みはないものの 中国産と聞けば心穏やかでなくなる


ピーピー笛吹きケトル(沸騰したら笛が鳴るヤカン)
 激しく沸騰しても・・ピッともスッとも鳴りません
 おまけに蓋が合わないこと甚だしい
 多分沢山の苦情が寄せられたとみえて
 後日購入店では蓋を交換しますの張り紙が・・・
 取り換えるのも面倒なと意故事にそのまま使用していますが
 朝晩これを使う度に胸の内で小さく罵る
 なんじゃこらっ これが笛吹きケトルかいなフンッ・・・


中国産と知っても海棠は ほんに見事な花が咲き安堵のこの頃です
 ・・・が・・・しかし・・・微妙です
 人に花を差し上げようとする毎に 海棠これも如何?
 鋏を手に切ろうとするのを ああ勿体ないよと
 相手に押し返されて止められること一度ならず2度3度
 やはり心の底でかの国産出の花であったことが苦々しく
花に恨みは無けれどもこの海棠が数年後に無事で成長しているか
・・・誠に疑問なので御座います・・・