koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

蛇や〜


   今日のプレゼンス 雑草の実り >
サラサラと風邪になびく姿は例え雑草でも美しいものです
完全に熟したその実は落下し 
既にハトの胃袋に納まったようです
汚れた川の渕にありながらも幾らかの野生を感じられるのは
この地に住まう者の得でしょうか


此のところ と言っても2,3年のことですが
蛇出没の大声を聞いていないので この辺じゃ絶滅したかな?
なんて心配していたのですが やはり居ました
<ヒャ〜 蛇が居るよ>とお隣花壇の声
フフッ やッぱり居るやん となんとなく一安心です
餌になる野鼠 コオロギ バッタの子がいくらでも居るし
花一番地にいらっしゃいお客様扱いで大切にしてあげよう
とても嫌う人もいるが 何の蛇ごとき
10歩も歩けば蛇を踏む田舎育ちにしてみれば
別段 悲鳴を上げるようなもんじゃない
蝶やトンボと同じく花壇の仲間や仲良くしましょう
ヘエ〜蛇がいるのと相槌を打ちながら
縞々ヘビ君の姿を一度この目で確かめたくて
こっちへおいでいらっしゃいと期待しています