koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

ホ〜ラ見てみい


    今日の花 ケイトウの茎 >
紅い花を付けるケイトウは茎も同じく花の色
日に照ってますます赤く輝けば葉っぱもついに紅く染まる
枝葉が綺麗な割りに残念なことに花は小さく鑑賞に堪えない
まあ こんなものかと目こぼしをされて
毎年こぼれた種で花壇に居残っては小さな花を咲かせる
雑な花はもう飽きた たまには正統派の花もいれなくちゃと
多年草・耐寒性あり・とに角丈夫で良く殖えるのが第一条件
毎年サカタノタネから購入してみるが 大かたはダメ
今回のフウロソウもメキシカンハットも・・・枯れちゃった
いっそ大根キャベツネギトマトコマツナパセリネギにイモ
あたりかまわず野菜を作ればなんぼか簡単で楽なものを
エ〜〜イ面倒な ア〜〜厄介なほんにもう


フ〜〜ン やっぱり友達を無くさはったんやな
そういうことになるのも無理はない
なるべく多くの方にと花束をプレゼントしていた春のこと
花一番地の花束は無料だからと言え そこまでね〜〜
欠かさず毎日毎日両手一杯お持ち帰りなさいます
散歩の往きに花束を手に取って散々持ち歩き 帰り道に立ち寄り
再び品定めしてはそちらがいいわと新しいのに取り換える
他に花束欲しがる人があり 一つ譲ってやればと思うのに
両手に抱えた花束を抱きしめて絶対に譲ってはくれない
この方と一緒に歩く友が堪りかね譲るように助言するがノー
こりゃ面白い何時まで続くか其のうち友達無くすぞと見ていれば
ホ〜レ案の定
近頃は一人ポツネンと歩いたはる 友はどうしたの?
花一番地さんの顔を忘れはったん?その時だけの笑顔だったん
顔も忘れた如く気のない挨拶やこと・・もしかして?
なにせ周囲はボケるに程良いご高齢者ばかりやしな〜〜
人間ウォッチングに事欠かない河川敷の日常で御座います