koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

ボケノハジマリ


    < 今日の花一番地 >
孔雀アスターが咲きそろいました
株数が増えて花壇の其処ここに咲いています
目を洗うような鮮やかな紫は見る人を感動させ
訪れた人は誰もが感嘆と讃辞の言葉を口にする
先に続くモッコウバラのアーチはお隣花壇との境界にある横手門
アッ <ゴム手袋の置き忘れ>をフォトの中に発見


花壇の中では小物をよく無くす 特に手鋏が・
落としても花一番地内の範囲ですからいずれ出てくるが
いずれ季節が変わって草引きが済むとサッパリした通路の肩に発見
先日無くした鋏の数本が出てくる・・・ハハッこの通り
久し振りに五本全てが揃って気分はスッキリのはずが
ウッ・・・翌日には其のうち一本行方不明
な〜にやってんだろうと後悔することしきりです
確かにこの辺やのに これがまた見つからないのよね〜
ウロウロ探し回りながら 内心狼狽しております  
このような事が多くなり<コレハ・モシヤボケノハジマリカ >