koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

甘口かな?


   < 今日の 花一番地 >
赤いセージは益々色濃く鮮やかになります
取るに足らない小さな脇役ですが花壇に彩りを添えて
秋という季節がそうさせるのか主役級になります
枯れた木肌との対比がいい感じの演出です

落ち葉が詰まった袋が土手の上から落ちてきました
落ち葉はこれから本格的な季節に入ります
ボランティアを引き連れた地区の長老が大活躍の時です
買物用の車を改良した台車で大きな袋を運ぶご高齢者の後姿を見ると
花壇の上から落とされる落ち葉のナイロン袋がとても有難く思えます
それぞれができる立場でできることをやり 落ち葉は土に還る
当然で無理のない出来事です
際限なく舞い落ちる枯葉を丹念に掃き集め運ぶ姿は
根気と忍耐と奉仕の精神に私はどう答えましょうか
心からの感謝を伝えるだけでいいのかしらん
普段のねんごろな気遣いを欠かさないようにせねばと 又
落ち葉の季節が終わるころには・・・少しのご褒美をと
考えてしまう私は・・・甘過ぎ?