koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

落ち葉の小路


 < 今日の花 ナンキンハゼ >
朝夕の冷え込みでナンキンハゼの葉っぱは美しく紅葉しました
あと何日このまま枝に付いているでしょうか
もう長くはない筈です
雨が上がり やがて乾燥した空気に満たされた時
耐えきれずにパラリと落ちることでよう
でも大丈夫 小さな芽をポチリと残しています
冷たい北風が吹く間 深い眠りに就いた小さな木の芽は
眠り続けます 春まで 春まで 春まで眠ります


花一番地ももう少しで冬支度が整います
カフカの落ち葉をた〜っぷり
花壇中の小路は足首まで枯葉で埋まります
さあさあこれで霜が降っても雪が降っても平気です
まだ残っている花々もやがて役目を終えたなら
小さく刻まれ枯葉とともに踏みしだかれて土になる