koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

真んまるこの雀


< 今日の花 霜に彩られた花キャベツ >
今冬初めての霜が降りましたね
暖冬のせいかしら例年よりうんと遅めのようです
朝の花壇は真っ白でなにもかも凍えていました
とっても冷たいですが花や草木に降った霜の美しさに
時間よとまれっ太陽よ今少し照らさないで欲しいと願いながら
シャッターを切ります
氷点下 零下 マイナス等の温度差の北国の方に言わせれば
霜が降った位でそんだけの喜びよう?と笑われそうです

花一番地さんちに餌をねだりに来る雀たち
毎朝一つかみの粟玉を蒔いてやるのが日課ともなれば
集まる数が増えに増えて今や 3〜40羽
寒さで真ん丸こになり私の到着を待ています
花壇近くまで来ると 先発隊が?見張り役が?パラパラ集まり
その数が多くなり サラサラとえさ場めがけて私を追越し早回り
桜の枝・竹垣の上・土手の上に寒さで真ん丸この雀が並びます
真ん丸に膨れた雀たちの オシクラマンジュウ