koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

新人さん


 <  今日の花 木瓜・ボケ >
垣根のうんと下 地際に張り付いたようにして咲くボケの花
なんてキレイなとため息つきながら横目で眺めたのはもしか? 
お隣の庭だったのかも?・・・小学生にもならぬ頃の思い出
記憶の中に沈んでいるが赤い花色を見るたびに考える
垣根の下に絡んだ赤い木瓜・・・ほら一つ咲いた 二つ・三つ
今にして思い返せば・・・<あれはお隣の木瓜だったんや>

作り手のない空き花壇に応募者があり
新人現る・・・春になればいっそう賑やかになりそうです
花や園芸に疎いというその新人さんに
園芸雑誌をプレゼントしましょうとネットでお取り寄せ中
我が花一番地は立錐の余地もないというのに
ついでといってはナンですが又々花苗と種を注文してしまう
いつもこれで終わりと自分に言い聞かせているのに
カタログ見るとついついね〜・・・悪い癖です
新人さんがいい方でありますようにと 祈ります