koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

小さな棘が


< 今日の 花一番地 >
雨続きの日々に解放されて久しぶりに花一番地へ行く
ああ そうや雀たちに餌やるノン忘れていたんや
とても大切に思われて欠かさずにいたスズメの餌やりも
ほんの少しの心の持ちようで 些末な事のように思われ 
憑きものが落ちたかのようにど〜でもよくなる
習慣的に餌をまかれて食べ放題だったスズメにすれば
突然 餌撒きをストップされちゃこの上なく戸惑うやろうね
気を取り直し ガンバルことにいたします
スズメちゃん 明日も餌撒きに行くから 待っててね


今日の花一番地はもっと可愛いスズメちゃん達の訪問を受けました
先生に引率された 3才くらいの保育園児たちです
ブロックの飛び石の一つ一つを飛び超すのが精一杯
お行儀よく並んでぴょんぴょん跳びます 転けます
この愛らしさを写真や動画に収めたいのは重々ですが
最近の世情じゃ うっかりカメラを向けることもできません
なにっ 個人情報?悪戯?誘拐?カメラ向けるのん駄目?
言われなくてもカメラは向けません 見ているだけですが
近頃の社会の風潮は 人と人を遠ざけているように思え
可愛らしい子達やと見てるだけでも躊躇う有様
コレハかなわん・適当に遊んだら早う帰りと花壇を逃げ出す私
今日はスズメ2題 なにやら鬱として中途半端な気まぐれ心
心の隅に小さな棘が刺さっているようで 取れないんよ