koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

花見の憂鬱


  < 今日の花 ナンヤシランナナシノサボテン >
いち早く芽をだすのは暖かな陽だまりに植えられた観葉植物
植えた事も忘れられた存在やのに数年来生き残っています
花も咲かず 実もならず 緑を主張するだけで秋に枯れて次世代に継ぐ
他の植物の引き立て役または足下を詰める根占用かな
価値観があってないような
その横には季節忘れのシクラメンが今を盛りと咲いてます 


そろそろお花見の声が聞かれる季節です
今年こそスマートなお花見をしたいと思うのですが
が・が・が・しか〜し見当するうち ナ〜ンダか怪しい雰囲気です
あ〜あ疲れるだけのお花見なんてわたしゃご免だよ〜〜
やだ・やだ・やだよ〜〜と言ってるのに話は段々大きくなる 
こんな時は・・・ヤメタ・・・私お暇を・・・
アンタだけいっといで・・・なんてね

こんなんでどうやろねえ・・・フフフッ