koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

ポンプは1台きりや


    < 今日の花 スノーフレーク >
スズランに似てとても清楚です
小さな鈴のような花弁の端は僅かにグリーンを帯びています
まず一番に春を告げる花として意識にあるのに今年はハズレて
桜とともに咲くとは ふーん スノーフレークまでもが?
遅めにさいたスノーフレークは温さに気を許してかなり太り気味
自身を支えきれずにだらしなく倒れてゆくのは清楚とも言いがたくなり
おまけに株が殖え過ぎて もっか嫁入り先(株分け)を検討中


河川の揚水ポンプ 川原を整理する意味もあり一台取り外す
誰それにくれてやろうと検討する間もなく翌朝一番に申込者が現れる
 <ちょっとチョット オッサン>
そんな義理も張りもないこのオッサンに なんでポンプを?
やらんならんの?と思うが
オッサンの連れまで現れて熱心に請われては・・・致し方ない
花一番地では不要物だし持ってお帰りなさいと答える羽目になる
しかし花一番地でポンプを取り外したとか不要物らしいの情報は
一瀉千里で翌朝には知らぬ者なく後にも希望者が後を継ぐ
ポンプは1台きりや・・・花一番地さん大いにあわてる