koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

ちょっと待ってよ


< 今日の 花一番地 >
花一番地は夏と言えども朝の冷気が立ち込めてます
たっぷりの水分と日光を浴びて呼吸をしています
想いの儘に植えこんだ植物達は想いの儘に呼吸をし
想いのままに成長しながら立ち入る人間を包容します
それゆえ他の野菜畑よりかはるかに周辺の気温は低く感じます
河川敷には希なこの空間よ
二度と創作出来ないこの花園は永遠に消えうせるのです
私の作品 私そのもので分身でもある花一番地よ
悲しい事実は・・・私が傷を受けたも同然 全ては終わる 
何をか云わん 悲しみのみ・・・葬送の曲を