雨音の感傷


篠突く雨・・・家の周囲を取り巻く草原
雨音は消されて・・・静かです
アッ鹿の声が微かに聞こえました
まだまだ時は宵の口 
続く鳴き声も向かいの山中から聞こえます
ようよう迫ってくる夕闇が
我が家の周囲に立ち込めるころ
鹿は草原に降り立ち草を食む
この台地は絶好の鹿の食事場
激しく雨が降れば尚更に
鹿の鳴き声も淋しげで
雨を恨むかの如く響きます

キュウリが大きくなりすぎてないか気がかりだけれど
この雨じゃ収穫にさえ出れない