タヌキさんダッシュ


本日の釣果に気落ちしながら車への道をたどる私と相方
水際をザブザブ進む私等の足元をなにやら背後から?
のいてくれ〜邪魔・じゃま・じゃま〜と走りぬける奴
足音も荒くハッハッハッと息きらせて私等を追い越す
一瞬のことで 何物?と構える・犬?犬かな?・・・いいえ
猛烈ダッシュで駆け抜けていくのは狸でございました しかも2匹
そのままの勢いで10メートル先のススキの藪に突っ込む
姿を消した後もユサユサと走りぬけるらしい草の揺れが続く
狸の奴め昼日中から何をするのン
何かに追われたのでしょうかそれとも走競争でもしているのか
人間様の背後から駆け抜けて行くなんてと
訳の分らない狸の事情に鮎釣りの不調は何処えやら
笑いの止まらない帰り道で御座いました

畑では巨大なキュウリがぶらり 採りに行くのも嫌です
風による倒壊と虫食いと小鳥の襲撃でボロボロのソバ畑
見たくもない気分ですがそろそろ収穫の時期です ああ恐ろしい