戒名は無料でも


月毎に地区の住民が集まり ちいさなお寺の掃除を致します
其れほどの宗教心を持ち合わせてはいないので御座いますが
田舎暮らしを成功させるには極力地域行事に参加して
コミニュケーションを取ること
信頼を得るべしとさんざ諭されての寺掃除の参加で御座います
で・・・ある日・・・地域の方が申しますに
お葬儀屋さんは・・・過疎化と家族葬が進みやってられない
お坊さんは・・・過疎化と家族葬が多くて・・・
お亡くなりになる件数が少なくて何処も大変らしいのです
高い戒名は不要です 安いのをというのへ
坊さん曰く・・・無料で結構ですよと院の戒名を
おとうちゃんごときに・・・院・・・の戒名? 
無料って言われても その後の御布施から月命日の費用
なにやらかにやらの度にクラスによって高額になる
そんなご立派な戒名を戴いても 後あとの困りもの
こんな風習はなんとかならないものかと嘆く村人
過疎の村 住職もいない小さな寺 木々と草に埋まるお墓
やがて住人も途絶え 墓さえ守る人もなくなるだろう
ましてや格差のついた戒名・・・有難いのでしょうかね〜
心淋しいお寺の掃除で御座いました

ナスの葉っぱが 見事に丸坊主
特大級のイモムシがワシワシと食っておりました