鹿も満腹やて

鹿へ餌やりする孫と私の楽しい共同作業は 
雨が降り続くせいで 餌にする白菜を夫が採りに行ってくれました
案の定 ド〜ッサリ 何時もの倍くらいも持ち帰る
薄暗くなると公園の隅で 待ちきれない風でこちらを伺がっています
バサリと其処へ置かれた白菜へ 集まってきては食べる
灯光器の強い光を受けても 逃げずに食べ続ける
山中には柔らかい草なんて無いのですから 白菜は甘露・甘露の味でしょう
今日は余分にやり過ぎですよ さすがに食べ残しましたね
<鹿さん満腹>の様子で食後も山へ帰らずそこらで遊んでいます
野生動物に与えすぎじゃないかと思うのですがね?・・・アナタ
台風並みの強風でしたね・・・トホホッの出来事
孫が植えて楽しみにしているレタスの 葉っぱ部分だけが飛んでいった