koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

真新しい空気


田舎暮らしで一番美味しいものは 清浄な空気です
生まれたての真っさらさら 何の汚れもない空気
やっと夜明た早朝に 一人歩きの散歩をする
木々の間を見透かすと 昨夜の静かさが居残っています
美しく沈んだ新しい空気を破って動くものは 私一人
誰の手もついてない ヒヤリと新しい空気を吸いながら歩く
大阪での早朝散歩もにぎやかで良かったけれど
贅沢な なんと贅沢なこの頃
木漏れ日がチラチラ・・・真新しく甘い空気
我が家の裏口にある 洪水でボロボロになり生き延びた桜
最後の花を咲かせたこの日 河川工事で・・・サヨウナラ???