黒皮のスイカもスイカだぞ


収穫直前のスイカをサルに盗られて憤懣やるかたない村の人々
今朝方も ああスイカが三つも四つも・・・これで全滅じゃと嘆く
早朝から花火を鳴らして威嚇するが大した効果もなくやがて現れる
始末に負えないのは 群れからはなれた単独の猿
声を上ずに畑に侵入する いつ来るのか誰も気づかない事が多く
多分早朝だろうがスルリと現れては作物を荒らしていく
自由行動で知恵を働かし 餌を豊富に食べているらしく
集団でやってくるサルよりか一回りも体が大きく堂々としております
そいつが
縞しま模様のスイカを狙い撃ちにしてかじったり抱えて逃げるくせに
黒皮で模様なしのスイカは残し 盗っていかないそうな

なんとなく<スイカは縞模様>と認識しているらしい・・・ハハハッ
サル知恵もそこまでと笑うのは早すぎる
ナス・カボチャ・トマトにキューリに落花生と手当り次第のキ奴は
黒皮のスイカもスイカだっ>と気づくに時間は要らない・と思う