koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

鶯の


まだ早春の散歩路 頭の真上でウグイスの初音・・チャッ
やがて春も進んだ穏やかな朝は・・・・キョッ・チャッ
咲いた山桜を堪能しながら行くと・・ホ〜・ホケキョ・ケキョッ
この山のウグイスは日を追って 段々と啼き上手になる
初夏にもなれば遠山の其処かしこから
ホ〜・ホケキョッ・ホッケキョ・ケッキョ・ケッキョと連弾が果てもなく続く
啼き止んだのかと佇んで聞けば 一息したのちまたまたホッケッキョが始まる
数えてみたらケッキョが50回も60回もそれ以上も続けて・・・啼いている
里のウグイスはこんなに啼いて・・・静かでノンビリそのもの
今年もまた啼き上手になることでしょう・・・
その時は歩みを止めてカウントすることに致します