光の贅沢


陽光が眩し過ぎて 目を細める
貴重な朝の一瞬の輝き
私以外にこの一刻を共有する者はいない
なんと贅沢なこと