100日目の胡蝶蘭


100日も咲き続けている 胡蝶蘭です
たしか鮎解禁の6月1日に咲いているこの胡蝶蘭の鉢を頂いた
なんと なんと・・・9月になっても花弁が散らない
知らぬまに偶然の物質が作用して化学変化でも起こしたのか
株立ちのままドライフラワーになってしまったのでしょうか
これはまるで生きた化石 プリザードフラワー
< 私死ぬことなんかない気がするわ >・と言った
故作家 宇野千代の言葉のように
胡蝶蘭は枯れることを忘れてあでやかに咲き続けています
しかし なによりも
私は愛でることに 飽・い・た