ビワの花

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20161223150813j:plain

寒さの厳しい朝は 車も広場も真っ白

ビワの花はどんなに凍り付いた寒空のしたでも咲く冬の花

輝く白さは寒さを忘れてしまいそうに柔らかな色

<オフホワイト>

い~香りです

花が少ないこの時期にしては 貴重な香の花りです

杏仁ですね・・・杏仁の香り

杏仁の独特の香りというのは「アンズの種の核」

 

f:id:koza207:20161223150724j:plain

 未熟だったり小さくて食するには不向きなビワの実

これの 皮を剥いて種ごと・・・シロップ煮にする

< ビワの杏仁風コンポート >杏仁の香り100%

f:id:koza207:20161223150825j:plain

よく観察していると 

白い花に 1匹また1匹とミツバチが訪れます

寒いね~ ミツバチ君 あんたらも大変だね~

白い花とハチを目で追い続ける

どこで香りを嗅ぎ付けるんだろう・・・フッ

<未熟なビワ>ってあるんですよ 薄黄色のやつ

街じゃありえないようなことがある

サルに負けないように早撮りするビワの実

正月気分が抜けきれないとはこのことか

なんだかね~ もう一つ・否もう二つ三つ

やる気が起きない日々

明日からは・・・フッ

そうだ畑に出て 畑中を走り回り 元気をもらおう