群生するヤブコウジ

今日のyamakazeさん

http://tohki.weblike.jp/n/photo/%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B8%20%282%29.jpg

ヤブコウジ・・・十両?とも呼ぶようです

園芸品の 万両 千両に続くジュウリョウ

 

この地の深山へ行くと 大樹の根元に群生しています

鹿の食害が少ない山中にはヤブコウジがあるんだと

見つけた時は感動したのですが

太陽光発電所のため開拓されて 更地になつたからには

此処へも やがて鹿が忍び寄ってくることになります

 

ヤブコウジ 古くは万葉集にも山橘(ヤマタチバナ)の名で詠まれ

古くから日本人に愛されてきた植物で

小型で草のように見えますが  サクラソウ科の常緑木本植物です 

 

十両が在っても無くても 日常の必需品ではない

今や 園芸店で見るくらいのもので

好事家の植木鉢で生き残り人の目に触れるのが実情のようです

数株持ち帰り植木鉢に移植しておく・ちょっとのお楽しみ