山里をゆらす・秋鹿の

今日のyamakazeさん

f:id:koza207:20181012070958j:plain

いよいよ秋も深まり 虫の音が日々弱まっていくように思われて

やがていつかは途絶えることを思うと ・・・( ;∀;)

 

露を含んだ下草の道を歩むと

靴下までもぐっしょり 

染みて冷たく

確実な秋の気配を感じます

 

雄鹿の啼き声は 切なげに

遠く 近く 

切実な 激しい野生動物の息吹が

この谷の空気をクラリと揺らします

 

f:id:koza207:20181006073105j:plain

色恋の相聞歌なら 

遥か彼方のあの山の端あたりか

人も通わぬ山奥でやってくれ

侘びしく響くのは 寂しげな虫の音だけで沢山だ

秋の夕暮れの侘びしさを一層誘うというものだ

 

< 一山を越えて届くや秋鹿の声 >

 

春になれば爛漫の花を咲かせるはずの・サクラ

こんなもんで どうだ?と

綺麗サッパリ切り落としてくれました ・・・ここまで徹底して切るんだ?

良いとか悪いとか 言葉もない・・・フッ 😞