koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

柚子巻き夕日


マンションの日陰に残る皐月の紅葉
注意して観ると美しく捨てがたくなりフォトに収める


今日あたりから月並みの寒さがやってくると言う
今まで暖かかったベランダでは干し柿がよく出来上がりました
柚子巻きにしたら意外な美味しさだったので今回も作ります
柚子の皮を巻き込むだけで意外な美味しさ
前回はご近所に配り大好評だったので気を良くした私です
今回は花壇仲間の顔見知りの方たちにも差し上げようと50個
今秋の我が家のベランダは洗濯物を干すのを遠慮気味に
干し柿の列が並び段々鄙びてゆく様は壮観でした


西の空に輝いていた夕日も沈むごとに光を落し
最後の一点がふっと隠れると急に寒気が立ち
薄闇が忍び寄る気配に包まれていくのを感じる
家々のシルエットが確認できるのも今少しのこと
やがて暗闇の中に紛れていくことでしょう
川辺の尾花の穂を透かしてみれば
大阪の夕景も捨てがたい詩情を感じます

安威側沿いの土手道は沈みゆく夕陽の撮れる絶景の地らしく
近頃天気の続く夕方はカメラ片手の人々をよく見かける
汚水に映る夕景も臭いさえ我慢すれば中々いい景色だと
常日頃からやせ我慢を言いつつ眺めたものですが他にも
知る人は知るでフォトの絶好の場所であったとは
嬉しいこともあるものだと少し感激です

明日も美しい夕焼けと抒情に満ちた日暮れ時が見られます様に 
   ・・・祈ります