koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

不味いチョコレート


    < 今日の花 皇帝ダリヤ >
台風にへし折られ その後の強風に痛められながらも
咲きましたね
今年の出来具合は等と評価する方もいるが マッネッ
これくらいなら上出来じゃないかと 自画自賛

華やかに咲いて初めて道行く人に認識され 
分けて欲しいと連続して言葉が掛かってくるが
<場所はあるのん? プランターに植える気かい?>
胸中面白くありませんが マッネッ
どうぞどうぞ株分けしますよ きれいな花咲かせてね等と
お口はチョコレートの如く甘い甘い返事をいたします



・・・こうして・・・
花一番地で大成功した花が次々と河川の畑に広がる
ダリヤに限らずあれもこれも 唯のありふれた花になる
チッと舌打ちしながらも苗や株分けの約束を 今年も数人 
ホンニ悔しいけれど仕方がないわね〜 
新たな品種を購入するのんやめよかな アホラシ