koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

10年来の攻防


   < 今日の 花一番地 >
スゴ〜〜イ雨でしたね〜
天地が一つになったみたいに暗い暗い雨の中
マッ 我が夫殿は夢の中でありましたので(昼寝中)
目覚めて さあ散歩しようよ ・・・ナニッ 雨降ったんか?
と言う間の豪雨でした
花一番地は被害受けてへんやろうか大丈夫だったかしらと気遣う私



笑うに笑い 笑いが止まらん とても尾籠な話で御座います
アンタ等その場に行かなくちゃいけない理由はないやろ
気が合わへんかったら 後ろ向いてあっちこっちへ行きゃいいのに
この河川の土手を死守する積りか 同じ場所を散歩しますね
白い犬連れたオジイサン へこたれません
挑発文字を書きまくるオジサン 良い人やのにね〜
元々はお互いに若い時は教養もある人達でしょうが イカニセン
言葉を発する事を忘れたような昔むかしにリタイヤした人と
変人か?と言うような社会からリタイヤ寸前のオジサン
丁々発止と 10年来の攻防・・・フフフッ
尾籠な挑発文を見て オッ まだやってるなと喜ぶ私