橋の上から


梅雨も最後の大雨が降り翌々日になっても古座川は静まらず
それぞれの谷筋からの水は音を立てて流れ込んでおります
なのに 鮎を釣るという
まさかこんな日に?まさかこんな場所で?
松根地区の下流けかち橋の上からおとり鮎を投げ込む
橋の高さはゆうに10米はありますからね
釣れたぞっとなるとこれからが大変です
水かさが増して逆巻く水中から引き上げるのですから
2連で釣上がる鮎は空中を20米以上も・・・
ユラユラ・クルクルと引き寄せられる獲物
アッ落ちた・・・中ほどでバレルのもありまして
手元に到着したときは既に半死状態になっております
釣果は21センチを頭に4匹


シンプルな塩焼きが一番
 ご馳走様でございました