koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

お気に入りの場所


カエル君 この場所がよほど気にいったようです
花の水替えの度に これこれ邪魔じゃないのと追っ払う
水連鉢の仲間の処へ帰っていくのですが
翌朝はこれこの通り再び表札代わりの花瓶の中にいます
もぐりこんだり時には頭を出してふと目を閉じたり
まるでお風呂にでも入ってるように浸っております
へんな奴ですが ・とっても可愛い〜 
花瓶の水が腐らないように台所の漂白剤を一噴きしてあるのですが
これがまた好みだったりして・・・玄関脇のカエル君
板壁を登るのが得意らしく花瓶の位置を通り越して天井までも登ります