koza207’s diary

70歳過ぎた私が50歳の私を懐かしく振り返ることを想い始まった  とうに感傷の時はすぎてしまい いつ迄つづくのか続けられるのか?       

釣瓶落としの秋の日

今日のyamakazeさん

f:id:koza207:20201017135051j:plain

庭の蜜柑が日に日に熟して 色づいて行きます

早く 早く 遅いよ~と 内心は急がれている・・・フフフッ

 

青く小さく コンと音がするピンポン玉のような蜜柑を目にしていると

あ~あ・・・いつの事熟するのか??と行く先の遠さに苛立ったものだが

それでも 

待とう 待とう 

時期になれば何としても熟するのだからと ひたすら 待つ

 

さしもの果物たちも 何となく 何気に

 見る度に日々黄色に色づきを感じ始めてきました

お~~っと この時を待ってたのよ 😊

 庭中の果物が 昨日より 今日 明日と色づいていく 

 

庭の片隅にお気に入りの椅子を置く 

今まさに 太陽が山の端に 沈むのを斜めに感じながら

 

黒い山影が足元に及ぶのは もう少しだ 

もう少しだよ~ 

その陰が壁際まで覆ったら お家に入ろうと 待つ

 

秋の残照を充分味わって これまでだと室内に戻る

・・・秋の日の充実

f:id:koza207:20201015090013j:plain

 キウィの収穫・・・一気に一つ残らず 採りました

 

試しに色んな方法で保存してみることにしました

紙でくるんで個包装・・・まとめて通気のよい不織布の袋 10個

エチレンガスを出す果実と共にナイロン袋で 10個

カチンと互いをつつき合わせたのをナイロン袋で 10個

そのまんま籠に並べて納屋の片隅に置き去る 10個