日本蜜蜂の巣箱

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170403084131j:plain

今年は畑の中に日本ミツバチの巣箱を置いてみました

重箱式の2段

今 私の畑は花まつり

それはそれは 咲き乱れる花々とミツバチの交響曲

花から花へとミツバチ達は大騒ぎです

ハチと言葉が通じるならば言いたいものです

アンタ等 騒いでるだけじゃつまらなだろう 

用意した巣箱へ入居して下さいまっせ 新築物件だよ 

 明日あたり巣箱の脇へ<キンリョウヘン>を置くことにしましょう

ミツバチ君 キンリョウヘンの香りは如何?

強烈? 刺激的? 魅惑的?

そうです 日本蜜蜂はキンリョウヘンに弱いという これホント

女王バチの出すホルモン物質とよく似た香りに・・・クラクラッ

オスバチが引かれて集まってきます

紀伊上臈ホトトギス

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170404110335j:plain

昨年は 確かこの辺に生えていたはずだったと探すと

結構大き目の若葉が・・・

石垣には既に若みどりの芽がでているのが見つかった

キイジョウロウホトトギス紀伊上臈不如帰)

深山渓谷の日陰を好むこの植物を植えたのは

本来の在り方と対照的に条件の悪い畑の石垣 しかも南向き

以来 夏の日射と日照りで枯れそうになるのは毎年のこと

しかし

野生の植物の底力というのか・・・

夏は葉っぱが赤茶けながらも 同じ場所に芽を出し

秋には花を咲かせ・・・実をつけるのです

健気に生き残っていく<紀伊上臈ホトトギス>に想いを寄せた一瞬

今夜は 南紀地方には波浪警報が発令されています

戸外は激しい雨風 雨粒が窓を叩く音がしてちょっと怖い

この雨が上がったらマクワウリとカボチャの種を蒔きます

 

 

 

伊勢海老を

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170401173731j:plain

f:id:koza207:20170401173743j:plain

お昼寝中だというのに 表から裏口から声掛けする人の声が  

ンッ 眠た~い目に・・・伊勢海老

オ~ット 今夜は予定外の御馳走が飛び込んできました

もうこれで充分と言うのへもって

大きなトロ箱には・・・どれが良い?全部いいよ?

鯛・鯛・鯛・ヒラメ ここらで呼ぶイガミ

いらないいらない もうもう本当に結構よ 

夫婦二人じゃ食べきれないからと丁寧にお断り申しあげる

f:id:koza207:20170401173854j:plain

腕ほどもある  < 伊勢海老 >

お造りにするには 大物過ぎて怪我したら大変だし

茹でるには大きすぎてお鍋からはみはみ・・・なんでことだ 

鬼ガラ焼き(丸焼き)・・・こんなところでしょうか

今朝は終始草引き・集中して草引きするなんて滅多にないこと

雑草が息づいて日毎に大きくなっていく・・大変だ~と焦り気味

 

 

馬酔木

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170402142752j:plain

米粒を蒔いたよう<アセビ 馬酔木>の花が満開です

鹿が全く食わないことから 自生したアセビが目立って多く見られます

アセビとは

30cm程のアクセント用の庭木を想像するなかれ

ご当地では4,5mになり雪崩れる滝のように見事に咲くのです

年月を思わせる巨木が春山をかざる

f:id:koza207:20170402142804j:plain

 

f:id:koza207:20170402141456j:plain

烏骨鶏とチャボ どちらもメスで日々卵を産むという

友人を訪ねた折にこの子等の卵を頂く(5個も)

食べちゃった・・・でもなんだかね~

チャボさん可愛いわね~などと目前にして語った後 

産みたて卵を食べるというのはリアル過ぎました

喉に詰まって味がワカラナイ・・・ハハッ

烏骨鶏さん チャボさんご免なさい

 

f:id:koza207:20170402142815j:plain

孫の入学式のため京都へ

ジイ・バア・親・孫 3代揃って入学式とは なんと今風 なこと

言い遅れたけど 叔父様もご一緒・一族寄ってたかって少ない子を祝う

 

 

 

 

 

 

 

キンカチョウ

今日のYamakazeさん

 

f:id:koza207:20170325083904j:plain

 

小さな小さな 生まれたてのキンカチョウの裸子は3羽

7個の卵を孵し始めたことからすると

な~んとしても数が合わないと言う不思議

まっ いいか3羽生まれたのが現実なんだから 

3羽の雛を夫婦交代で抱っこです

1日目は 雛の声は全く聞こえなかったのに

 ジ ジ ジ・・・ジ~ ジ~ ジ~

以降 徐々に煩くなる 

小さな雛の鳴き声でも一斉に鳴かれると

結構な賑やかさ

皮膚の黒いのが2羽 白い(肌色)のが1羽

8日目になっても まだ目が明いていません

f:id:koza207:20170325083931j:plain

いくら考えても不思議な 

信じられないような事件が起きました

一羽の雛が横にある餌箱の中でコロリ 

冷っ 冷たくなってる~ 

摘まみあげて手の暖かさで2,3分暖めてやる

まあ 取られたと思ったのか親鳥達の騒ぐこと

違うんだよ 

拾ってあげたんだよ 

この子の命の恩人なんだよと言い訳しながら

死んではいないように感じたので 巣に戻してやる

f:id:koza207:20170403081218j:plain

なんでしょうね

目も開かなくて動けない幼鳥がジャンプする訳もあるまいに

壺巣の中から餌箱の中に瞬間移動するなんて

親鳥が咥えて運んだの??そんなバカな?

桜と木イチゴ・・・一枚岩のパワースポットに生えている木イチゴ 

5月には黄色の実が連なって付きます ・・・甘く香り プチッ

 

 

 

山桜 3首

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170328072756j:plain

若葉より一足早く春山を演じる山桜

霞を引くように山々をたなびかせて飾ったのも一刻のこと

洞尾の山桜はすっかり葉桜になってしまいました

 

< この春もぼやりと煙る山桜 >

 

   < 山桜その一枝を一枝を >

       

< 夕暮れて今日を一日の山桜 > ひとひと詠んでくださいませ

ササユリ

今日のYamakazeさん

f:id:koza207:20170326085243j:plain

見~つけた

多分 多分 多分間違いなくそうだと思うけれど

この球根は ピンク色のササユリ・・・だと思うのです

植物の芽立つ春先に限って 緑の葉が出るものの

夏には姿を消す・・・何故なら

ことごとく鹿に食われ 青い葉っぱの一辺もない岩場となる

葉っぱをかじられてもかじられても

辛抱強く 球根は地下で生き残り 次の春に芽を出し

幾年も幾年もこんな事の繰り返しで

<ササユリ>は生き残っていると・・・推察するのです

 

安住の地・・・我が庭へようこそ植え替えてあげましょう

f:id:koza207:20170326085243j:plain

 

f:id:koza207:20170326085256j:plain

ユリの近くにあった<スミレ>も我が庭へ

庭で数倍にも増えたら 鹿の届かない崖の上に移してあげましょう

f:id:koza207:20170326085249j:plain

 数年前 あの崖の上に 一本のササユリがあった

種を飛ばしたに違いない あのササユリの子孫に違いない

芽を出したジャガイモの芽を2本立ちにする・・・品種<キタアカリ>

短径の山芋を植え付ける 初めての試みです・・・10本